取水地によって硬さが変わる

日本での取水地の場合、取水方法が違ったりする為、水の硬さの度合いが違います。例えば、とある高原では湧き水を取るのですが、硬さがほとんどなく、超軟水と位置付けられています。一方、違う山地の場合だと、ポンプで水をあげて取水しています。またカリウムやマグネシウムなどの成分も含まれています。その為、少し硬さが高めの水になりますが、部類としては軟水となります。また、同じ山でも有名な山にてポンプで取り上げた水の場合は軟水と硬水の間の中硬水と分類されるものと、様々な硬さがあるのです。

hglkjfiaojjf.com