薬剤療法で処方される薬とは?

うつ病等の精神疾患では多くの薬剤が処方されますが、抗欝薬が処方され効果が現れるのが服用後2週間程度と時間がかかる為に効果に関する実感が得にくく、少量から始めて量を調節していくのですが効果を得られないと薬を増加させやすいので注意が必要です。脳の神経伝達物質であるセロトニンが不足して起こる精神疾患ではSSRI(スリ)と呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬を処方して気分を安定させる薬剤もあり、副作用もほとんどないのでポピュラーな存在の薬剤です。

klasdjflasdklfklsj.com